FC2ブログ

記事一覧

目標を達成することが目的化してしまっていませんか?/『ザ・コーチ-最高の自分に出会える『目標の達人ノート』』谷口 貴彦




こんにちは、シマダです( ̄^ ̄)ゞ



今回は、仕事で重要な目標設定に関しての本です。


もちろん今現在も考え方として役に立っていますが、会社員の時にもっと目標や目的意識をしっかり持っていればよかったな、、、と思います(つД`)ノ




ザ・コーチ - 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』』(2009)谷口 貴彦



ザコーチ



【オススメ度】

☆☆☆☆
特に会社でのノルマや目標に追われて日々を過ごしている人に読んでほしいです。
(まぁ過去の自分です(笑))


【購読の目的】

メンターに勧められ、目標設定等について学ぶために読みました。


【感想・要約】

本書は36歳の住宅メーカー営業部の係長を主人公にした物語。

主人公の星野が営業の合間に公園でサボっている時に老紳士に出会う。
実は大手建設会社の会長だったその老紳士から目標設定に関して教わっていく、というストーリーです。



こういう、ビジネス書でストーリー仕立てのやつはちょくちょくありますがやはり読みやすいですね。
ふつうに楽しんで何も残らない、となってしまったら意味ないですが(笑)




印象に残ったところとしては
まずそもそも【目標】【目的】【ゴール】【夢】【ビジョン】のそれぞれの定義に関して。


【目標】目的を達成するために設けた目当て

【目的】成し遂げようと目指す事柄

【ゴール】目的のための最終的な目印(目標はゴールまでの通過点や目安)

【夢】将来実現させたいと、心の中に思い描いている願い

【ビジョン】将来の理想像や未来の光景




目標は目的の実現のために設定するもののはずが、目標を達成することが目的化してしまうことが多いですね。

たとえば自分が営業をしていた時も日々「目標を達成すること」ばかりを言われてその先にあるゴールや目的がわかりづらくなっていました。

この目標や目的に関して自分自身もっと意識出来ていれば、会社員としてもっと仕事内容を充実させられていたかもしれません。



夢、目的、ゴール、目標、ビジョンを明確に設定し行動していく過程にこそ得られるベネフィット(恩恵)が数多くある。



ゴールのための行動計画を目標とすると、ノルマ化して意欲が下がる。


目標はあくまでも通過点。
「やるべきこと」を書き出してしまうとやったかやらなかったかという二次元的な思考になってしまう。
目標には「やるべきこと」ではなく「通過する状態」を掲げる。




目標設定について知りたい方は是非読んでみて下さい〜(^-^)/

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

シマダ

Author:シマダ
宮崎出身。会社員をやめて、大阪で好き放題生活中です。
読書は好きですがつい無駄な時間を過ごしてしまうことも多いので、月に10冊を目標として本を読んでいます。
余裕でいけそうなら目標を上げます(笑)
普段は物販などをしております。
写真は宮崎市の人情横丁。雰囲気グッド。

最新コメント