FC2ブログ

記事一覧

実話を元にしたビジネス小説。熱い気持ちになって3回くらい泣きました /『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語]』田中修治 著




こんにちはシマダです(=゚ω゚)ノ


さっき読み終えた本で、めちゃくちゃ面白くて一気に読んでしまった本があるので紹介しますね!



破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』(2018)田中修治 著



破天荒





◆オススメ度

☆☆☆☆☆
面白すぎました。すべての社会人が読んで楽しめると思います。
実話をもとにした、傑作エンターテイメントビジネス小説。





◆なぜ読んだのか?何のため?

ホリエモンチャンネルに著者の田中社長が出ていて、面白そうだなと思って読んでみました。
5/4に著者の講演会にも行くのでその前に読んどこう、という感じです。






◆内容(「BOOK」データベースより)


2008年2月。小さなデザイン会社を経営している田中修治(30歳)は、ひとつの賭けに打って出る。

それは、誰もが倒産すると言い切ったメガネチェーン店「オンデーズ」の買収―。

新社長として会社を生まれ変わらせ、世界進出を目指すという壮大な野望に燃えていたが、社長就任からわずか3か月目にして銀行から「死刑宣告」を突き付けられる。

しかしこれは、この先降りかかる試練の序章に過ぎなかった…。







◆ここが印象に残った!良かった!ポイント


読んでいてとにかく資金繰りの厳しさは痛感しましたね、、、

物語の最後にやっと銀行から融資がおりてなんとかなりますが、銀行の姿勢には正直読んでいても苛立ちを覚えました。

まあ、稟議やらで社内の事情はもちろんあるのでしょうが、、、、


その中で三井住友の福丸部長が商工中金の人と面談するところはすごく熱い気持ちになりました。


カフェで読んでいて「(福丸部長オオおおおおお〜〜〜〜!!!)」と脳内で叫びました。




また3億の資金ショートからの藤田光学の藤田社長が2億出資してくれるシーンも最高です。

藤田光学、山口常務は出資に対して憤っているようでしたが

「でも、藤田が信じたのなら私たちも信じます。必ず藤田を男にしてやってください」

最高。。。

カフェで「(山口常務ううううううううう〜〜〜〜!!)」ってなりました。




東北での震災の際に自社の資金繰りも見えない状況の中で幹部陣がこぞって被災地での支援に名乗りをあげるシーンも目頭が熱くなりました。(というか泣きました。電車の中でしたが、、、)

被災地のおばあさんのシーンも泣きました。

感情移入が止まりません。






あと、とにかく田中社長の決断力が半端ないです。


これが人を惹きつける経営者に必要な能力だな、という感じですね。

周りの反対があっても突き進む感じ最高です。


何度か出てくる「倒れる時は前向きに」という言葉通りの人です。







全体を通して波瀾万丈すぎます。何かうまくいったと思ってもすぐ問題が噴出します。

どこまでが実話なのかわかりませんが、めちゃ面白いです。



全体を通して3回くらい泣いて10回くらい目頭が熱くなりました。



あとCFO(最高財務責任者)の奥野さんがめちゃくちゃ大変そう、、、、、(笑)
自分ならストレスでハゲ散らかします。。。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

シマダ

Author:シマダ
宮崎出身。会社員をやめて、大阪で好き放題生活中です。
読書は好きですがつい無駄な時間を過ごしてしまうことも多いので、月に10冊を目標として本を読んでいます。
余裕でいけそうなら目標を上げます(笑)
普段は物販などをしております。
写真は宮崎市の人情横丁。雰囲気グッド。

最新コメント